転職

ダイハツ九州は高卒派遣だと年収いくらかインタビューしてみた

投稿日:

簡単な当時の自己紹介をお願いします

長崎県在住の19歳で最終学歴は高卒で介護職を10ヶ月ほど勤務していました。
2014年の9月から2016年の11月まで勤務していました。
工場が大分県でしたので派遣の担当者が用意した車に荷物を積んでダイハツ九州工場敷地内の独身寮に引越しをしました。
身長173センチ体重は当時110kgでした。
学生の時に柔道をしていて体力は太っている割にはある方だと思っています。

 

ダイハツ九州で派遣社員として入社したきっかけは?

入社のキッカケは派遣の登録をしていたGファクトリーという会社から電話をもらい「新しい、新規の現場が入ったのですが1期生としてはたらきませんか?」という誘いがキッカケでした。
話を聞くと高卒で経験の無い私でも年収400万以上稼げるしいい経験になると聞いて迷わず応募しました。

 

面接はどうでしたか?

実家の近くのマクドナルドで派遣担当者と面談をして、軽い世間話をした程度で面接は終わりました

 

ダイハツ九州での派遣社員の仕事内容は?

ダイハツ九州大分工場の1工場塗装科上塗り1係除塵工程での作業員兼メンテ員として従事していました
下地工程から電着塗料を塗られた車がラインで流れてきて車体に付いているホコリや塗料と一緒に付着した不具合「ブツ」と「カス」を紙やすりや彫刻刀、クロスと呼ばれるニスがついたもので拭き取り、取り除く仕事とライン終了後の塗装ロボットのメンテナンスをする仕事をやっていました。

 

ダイハツ九州派遣社員の給料や年収はいくらくらいでしたか?

最初聞いた話では25万円くらいと聞いていましたが初月で手取り27万円、2ヶ月目以降から手取り平均33万円以上多い月で50万円近く稼ぐ月もあり、年収は400万円を超えていました。

 

ダイハツ九州の勤務期間で貯金はどれくらいできましたか?

かなり同僚との飲み食いや地元の友達との交友に使いましたがそれでも250万円ほどは貯めることができました。
毎月10万以上は貯金できました。

ダイハツ九州の派遣は学歴不問で、高卒の自分でも稼ぐことができたので短期間でしっかり貯金したい方にはぴったりな環境だと思います。

 

前職は何をしていましたか?

病院介護を1年やっていました。

 

ダイハツ九州の工場ではどんな人が働いていましたか?

彼女と結婚するためにお金を貯めている人、家族に仕送りをするために来てる人、借金を返済するために来ている人、会社を始めるために働いている人など様々でした。

学歴不問なので、高卒の方も多く働いていらっしゃいます。

 

ダイハツ九州で派遣社員として実際に働いてみての率直な感想は?

入ってすぐの研修期間の初日は工場見学をして始めている大きな機械や完成前の車や働いている人を見て観光気分を味わっていました。
2日目は座学や連帯行動の訓練をしました。学生気分で取り組み楽しく取り組めました。
3日目以降は工具を使った訓練をしました初めて触る工具ばかりでしたのでとても新鮮な経験でした。
4日目と5日目はひたすら行進や体力作りのようなことをしました。最後の夜にはみんなで泊まってカレーを食べました。
最初は数ヶ月後に3人でやる作業を1人でやっていたので足がかなり痛かったです。

私は初めにエアブロー工程の作業を任されました。
エアブローは車体の全面をガンと呼ばれている高圧の空気が出る機械で吹きかけたり、
ドアを開いた車内とドアのヒンジ部分や鍵穴となる部分に吹きかけていく仕事でした。
エアブロー工程で一番気をつけなくてはいけないのがシーラーと呼ばれる下地剤を吹き飛ばさないようにすることです。
メーカーによってはシーラーは乾いた状態で流れてくるのですがダイハツ九州では乾く前の生の状態で流れてくるのでこれを吹き飛ばしたり触ってしまうと不具合としてもう一度最初からラインに戻されて流れて来ることにもなるし上司からも「最初は」優しく注意されます。
綺麗な塗装をするためには重要な工程でしたがとてもやりがいある仕事でした。
次の工程ではエアブローでは取り除くことが難しい付着物を取り除く工程でした。
片側の側面ボディーとルーフ部分(車の屋根)の半分を拭き取るのですが、ルーフを拭き取る場合には階段4段の昇降台と呼ばれる機械に乗って作業をしなければなりません。
ここで見つけたブツやカスは彫刻刀と紙やすりをつかって砥落としていくのですが、希に除塵工程では対応できないレベルのブツやカスは除塵工程の前工程の下地工程の班長を呼んで対応してもらいます。
ライン作業が終わった後のメンテ時間になると塗装ロボットを洗浄していくのですが、シンナーを使うのでしっかり保護具を着用して作業をします。

しっかり着用しないと手が荒れるので最初は作業が遅くなってとてもキツかったですが、先輩や上司の人たちが面白くて苦には感じませんでした。勤務時間は長かったですがとても楽しく勤務ができました。

 

おわりに

これから働く方や悩んでいる方に伝えたいことがあります。
ダイハツ九州は私が働いていた頃よりも労働条件も良くなってますし、給料も私以上に稼げる月があると思います!
最初はとても身体的にきつくて辛かったですが、独身寮には銭湯のような大きな浴場があるのでそこで疲れを癒すことができますし食堂も150~500円内で当時太っていた私でも満足出来る量が食べれます!
食堂のおばちゃんも優しくてお金が足りないときはこっそりツケにしてくれたりもするのでお財布にも優しいです。(管理人:当時のお話のため、現在は不明です)
寮の管理人の方々もとてもいい人たちですので困ったことや気になる点、悩みなんかも聞いてくれます。
私が働いていた当初は寮にウェイトマシンもありましたので、趣味で利用することも可能です。
仕事は配属先によってはとてもきついですがそれでもかなりの年収を稼ぐことができます。
バイクや車をお持ちでしたら娯楽には困りません、私は当時免許もなく自転車だけで生活していましたがそれでもなんの不満もなく働くことができていました。
悩んでいる理由が体力や仕事内容なら迷わず働くことをおすすめします。

毎月増えていく額面を見ると、高卒の自分でもこんなに稼げる仕事があるのか!と感動しますよ。

-転職

Copyright© 暮らしのメモ帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.