求人情報

【2022年8月】トヨタ自動車 派遣会社の処遇を比較してみた

更新日:

学歴不問の高待遇派遣案件「トヨタ自動車」ですが、同じ工場で勤務したとしても「どの派遣会社」経由かで処遇が異なることはご存じでしょうか。

意外にあまり考えないで応募してしまっている方が多い印象があり、かつ分かりやすくまとまっているサイトもなかったので、私の方でまとめてみました。

 

 

「1年目 月収の平均」には1年目に支給される入社祝金も含まれているのでご安心ください。

少し見にくくはなってしまいますが、入社祝金の比較も含めた図は下記となります。

 

 

上から順に、実際の給与が高くなる順となっております。

気を付けなくてはいけないのが求人で訴求されることの多い「月収例」というやつで、これは残業時間も加味して算出されているので実際に貰える金額と乖離することが多々あります。

特にワールドインテックはその数値が大きく、月収例で見ると2番目に高額なのですが、実際に貰える金額は下から3番目となっています。

サイト上の月収例実際に貰える月収の差、11万円以上。

 

実際にそれだけ残業できるならまだいいのですが、最近のトヨタは残業がほぼできない体制になっていると聞きます。(もし情報が異なっていましたらお問い合わせフォームよりご連絡頂けましたら幸いです!)

そのため、実際に貰える金額は月収例の金額には届かない可能性が高いと思われます。

 

トヨタ自動車で働く際におすすめの派遣会社

総括すると、2022年8月時点で「暮らしのメモ帳」管理人がおすすめする派遣会社は、

 

1位:テクノスマイル(クリックで求人ページへと飛べます)

2位:フジアルテ(クリックで求人ページへと飛べます)

3位:日総工産(クリックで求人ページへと飛べます)

 

となります。

特にテクノスマイルに関しては、サイト上の月収例がむしろ実際に貰える金額よりも低く記載されているという誠実さがあり、かつ寮費もずっと無料と明言されているところが魅力的です。

 

なぜテクノスマイルはトヨタ自動車派遣の処遇が良いのか

なぜテクノスマイルの処遇が良いのかなと考えた時に、テクノスマイルの生い立ちに関係があるかもしれません。

テクノスマイルは、トヨタ自動車九州 元副社長が創業し、トヨタ自動車九州の人材請負事業から始まった企業です。

 

ソース:【インタビュー】テクノスマイル社長 馬見塚 讓氏に聞く

 

上記インタビュー記事の時点では売上7割のうち約7割はトヨタグループ向けの製造派遣業が占めているため、他社以上にトヨタ自動車には力を注いでいると推測されます。

この話を知ると、トヨタ自動車と取引のある他の派遣会社よりも力を入れた処遇に設定していることも納得できますね。

 

終わりに

本記事は、せっかく頑張って働いたのに応募する企業を考えなかったばかりに損をしてしまう人を一人でも減らしたいと思い、執筆させて頂きました。

皆様の生活が、より良いものになることを祈っています。

 

-求人情報

Copyright© 暮らしのメモ帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.