トヨタ自動車の派遣で一番稼げる会社を考察してみました 詳しくはこちら

入社祝い金は即支給される?もらえるタイミングとポイントを解説!

「入社祝い金ってなに?」
「入社祝い金は入社してすぐもらえるの?」
「入社祝い金を確実にもらうにはどうしたらいい?」

この記事を読んでいる方の中には、このような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

入社するだけでお金がもらえるのであれば、入社祝い金をもらって転職したいと思う方も多いはず。しかし、入社祝い金にはもらえるタイミングや条件があります。

入社祝い金がもらえるタイミングと条件、確実にもらうためのポイントについて解説するので、転職先で入社祝い金をもらいたい方は、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかることは、以下の3つです。

・入社祝い金が支給される理由
・入社祝い金がもらえるタイミングと条件
・入社祝い金をもらうためのポイント

入社祝い金とは?

入社祝い金とは、採用が決まり、入社する際に支払われる特別手当のことです。

入社祝い金のもらえる求人には、工場の派遣社員や期間工、警備スタッフ、運送ドライバー、サービス業などがあります。

入社祝い金をもらいたい方は、求人募集の詳細に「入社祝い金支給」「入社祝い金○○万円」などの記載があるため、求人に応募する前に確認しておきましょう。

入社祝い金の金額は、採用する企業や条件などにもよりますが、50万円ほどもらえることもあるそうです。

入社祝い金が支給される理由

入社祝い金が支給される主な理由は、人手不足を解消するためです。

工場の派遣社員や期間工、警備スタッフ、運送ドライバー、サービス業などの肉体労働できつい職種は、人気がなく人手不足なため、入社祝い金が支給されることが多いでしょう。

しかし、入社祝い金目的で入社し、もらったらすぐに辞めてしまう方も多いため、支払う条件が決まっていたり、支払いを分割にしたりするなどはあるようです。

入社祝い金がもらえる3つのタイミングと条件

「入社祝い金はいつもらえるの?」と疑問に思っている方も多いはず。入社祝い金がもらえるタイミングは以下の3つです。

1.入社後すぐ
2.入社した翌月
3.分割支給

それでは、それぞれのもらえるタイミングについて詳しく解説します。

タイミング1:入社後すぐ

入社後にすぐもらえる入社祝い金の場合、大金ではなく1万円前後であることがほとんどです。

その理由は、入社後に大金を支払い、すぐに辞められてしまうリスクを避けるためです。

入社後すぐに入社祝い金を支払ってくれる企業はありますが、数十万円の大金を期待しない方がよいでしょう。

もし求人に「入社祝い金即数十万円支給!」などの記載がある場合でも、すぐにもらえるわけではないかもしれないので注意してください。

タイミング2:入社した翌月

入社祝い金が支払われるタイミングとして多いのは、入社した翌月です。

分割支給する企業でも1回目の支払いは多くの場合で翌月となっています。

企業によっては、翌月までの1ヶ月間は「遅刻無欠席」が条件になっている企業もあるそうです。

支払われる金額は、即支給される場合と比較して高く、5〜10万円ほどはもらえます。

タイミング3:分割支給

入社祝い金の支払われる方法として多いのは、分割支給です。

特に、入社祝い金として大金を提示している企業の多くは、半年〜1年間かけて分割支給することが多いでしょう。

分割支給にすることで、自動的に継続して働くことが条件となるため、人手不足の解消にもなります。

分割支給は、入社祝い金目的で入社し、もらったらすぐに辞めてしまう人を減らすのにも効果的なのでしょう。

入社祝い金を確実にもらうためのポイント3つ

入社祝い金を確実にもらうためには、以下3つのポイントをおさえておきましょう。

1.支給条件を事前に確認する
2.入社後に社内規定を確認する
3.支給されない場合は担当者に相談する

それでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

ポイント1:支給条件を事前に確認する

入社祝い金を受け取るためには、企業ごとに決めている条件が必ずあります。

そのため、支給金額や支払われるタイミングだけでなく、支給条件を事前に確認しておきましょう。

支給条件をきちんと確認せずに入社した場合、長期間雇用しないと受け取れないケースもあるようです。

もしも記載内容に不明点があれば、求人に応募する前に問い合わせしておくのがよいでしょう。

ポイント2:入社後に社内規定を確認する

労働基準法第16条によって、一度支払われた入社祝い金を返金することは禁じられています。

(賠償予定の禁止)
第十六条  使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

引用元:労働基準法 – e-Gov法令検索

しかし、企業によっては、ある一定の条件を満たしていない場合、返金を要求してくる場合もあるようです。

法律上では、入社祝い金の返金義務はないはずですが、社内規定に「入社祝い金の返金に関する内容」が決められている場合には、ややこしいことになります。

そのため、入社祝い金を確実にもらうためにも、入社後には社内規定をきちんと確認しておきましょう。

ポイント3:支給されない場合は担当者に相談する

条件を満たしているのに入社祝い金が支払われない場合は、担当者に相談しましょう。

「半年〜1年間在籍していたら支給される」のような条件の場合、担当者が忘れている可能性もあります。

実際に、条件を満たしているのに支給されていない方が、担当者に連絡したらすぐに支給されたケースもあります。

いつ支給されるのかを心配しながら働くのはストレスになるし、ずっと支給されないこともあり得るので、条件を満たしているのに支給されない場合は、すぐ担当者に相談してください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

僕の工場派遣と期間工ブログの管理人
現場で働くみんなが少しでもお得になるように、日々情報を集めてメディアを更新している