求人情報

トヨタ車体 富士松工場は高卒だと年収いくらか元社員に聞いてみた

投稿日:

 

簡単な自己紹介をお願いします

トヨタ車体には、2020年4月1日に入社ました。
入社当時は、18歳で高卒からの入社です。
その後、2022年6月30日に退職。
2年2ヶ月間、正社員として勤務しました。
入社後は、富士松工場で研修が行われたので、当時住んでいた九州から富士松工場のある愛知県刈谷市に引っ越しました。
研修終了後、私はそのまま富士松工場に配属されたので引っ越しはありませんでしたが、他工場に配属された場合は引っ越しが発生します。

 

トヨタ車体 富士松工場への入社のきっかけは?

高校に来ていた求人を見たのがきっかけです。
高卒で就職するのか、大学に進学するのか迷っていたときに、担任の先生から紹介されました。
その時高校に来ていた求人の中でも圧倒的に年収や福利厚生がよく、大学からは入るのが難しいかもしれない大企業だったので、あえて高卒で就職することを選びました。
さらに高校の先生や親、周囲の友達からのトヨタ車体の評判が良かったことも応募の決め手になりました。

 

トヨタ車体 富士松工場の面接はどうでしたか?

自分が思っていたよりも雰囲気が良く、ゆるかったというのが率直な感想です。
面接を受ける前までは、大企業なので試験もしっかりしていて、面接は大人数対私1人で受けるのだろうと勝手に予想しておりました。
高校の先生からも大企業の面接は厳しいからよく練習するようにとアドバイスを受けていました。
ですが、当日は前評判と異なり、面接官も2人だけでした。
面接の中で、私が富士松工場を配属先に希望したいと伝えた時も「できるだけ希望に添えるように調整します」と言っていただきました。
その時から、トヨタ車体は従業員の声に耳を傾けてくれるいい会社だと思っていました。
実際に入社してみても、評判通りいい会社でした。

 

トヨタ車体 富士松工場での仕事内容は?

完成した車両の検査をしていました。
例えば、ハンドルがまっすぐの時に車はちゃんとまっすぐ走っているか、ライトは基準以上の明るさで前を照らしているか、といった内容の検査です。
基本的に高卒の人が工場勤務、大卒の人が事務・開発に携わります。
工場勤務の方は夜勤があり、とてもきついです。
ですが、その分単価も上がり、年収アップにつながります。

 

トヨタ車体の給料、年収はいくらくらい?

1年目は、基本給が18万円で、夜勤や残業をすると上乗せで手当がつき、総支給が20~25万円。
2年目は、基本給が20万円に上がり、夜勤や残業手当の単価も少し上がって、総支給が28~30万円でした。
そこにボーナスが、年間で基本給の5ヶ月分(年によって変動あり)ほど支給されるため、2年目で総支給100万円近くもらうことができました。
1年目が年収約380万円、2年目が年収約410万円です。
高校時代のどの同級生と比べても、年収・月収・ボーナス全て上回っていたので、給料は高卒の中ではとてもいい方だと感じていました。

↑実際の給与明細(入社3年目)

 

トヨタ車体では貯金はどれくらいできましたか?

1年目で100万円貯めることができました。
その後、車を買ったのでほとんど0になり、2年目にまた1から貯め始めました。
2年目は、1年目ほど頑張って貯めるわけでもなく、月に余った分を貯金に回すという感じです。
その結果、退社までの1年2ヶ月で、130万円ほど貯まりました。
年収が400万円近くあり、家賃や水道光熱費、食費なども福利厚生で安く抑えることができるので、手取りの金額が多いです。
なので、厳しい節約など一切なしで十分に貯金できます。

 

トヨタ車体 富士松工場ではどんな人が働いていましたか?

やる気があって元気に働く人、上に上がる気はなく本業はそこそこでこなして副業に力を入れる人、そもそも仕事自体に全くやる気がない人などさまざまです。
トヨタ車体の従業員数は、18,507名と非常に多く、私が所属していた富士松工場検査課だけでも200名近くいました。
なので、やはり人数が多いと色々な人間がいるなという印象でした。
大人数の組織の中で人間関係をうまく構築するのは、正直きついと感じる時もありました。

 

正社員と派遣社員にはどのような違いがありましたか

覚えている範囲の違いを以下のリストにまとめます。

・食堂では基本的に社員証で支払いを行うが、正社員は給与天引きなのに対し、派遣社員はカードにお金を都度チャージするシステム
・自動販売機、生協の社員証支払いは、社員のみ可能(派遣社員は現金のみ)
・災害時の緊急連絡用の名簿に派遣社員は登録されていない(それぞれの派遣会社で対応するようです)
・検査項目の中で、資格が必要な重要度の高い工程には、派遣社員は入ることはできない(検査課のみ)
・アンケートやストレスチェック、健康診断などは、社内では正社員のみで、派遣社員には行われない
・派遣社員は昇格などがないため、教育や研修の量が正社員より圧倒的に少ない
・組の移動や任される工程の移動は、派遣社員の方が多い

対応の違いなどは、正社員と派遣社員で分かれるというよりは、仕事ができるかできないかで決まると思いました。
仕事が遅い人は、正社員・派遣社員問わずとても評判が悪かったです。
ですが、前述の通り、教育や研修の量に差があり、一緒に仕事をする機会は正社員同士の方が多いです。
なので、派遣社員と正社員の間には少しだけ溝があるなという印象はありました。

 

トヨタ車体 富士松工場で実際に働いてみての率直な感想は?

トヨタ車体は、いい会社だけど一生働くのはきつい、というのが率直な感想です。
1年目から年収400万近くもらえる点や、福利厚生は他に比べても非常にいいと感じました。
実際に地元の友達や親からのトヨタ車体の評判は非常に良かったです。
ですが、仕事内容は同じことの繰り返しで、人によっては10年間も毎日同じ作業をやり続けることもあります。
移動になったとしても、結局は工場勤務なので、似たような作業の繰り返しです。
高卒から定年までの40年間以上これをやり続けると考えたら、一生働くのはきついと思いました。
ですが、人によってはそれが合う人もいるので、やってみてどう感じるかが重要だと思います。
そして、やはりなんといっても年収は他に比べて確実にいいです。
さらに、世間からの評判も良く、大企業なので信頼もされやすいです。
なので、短期間で貯金を貯めて好きなことをしたい人や、夢に挑戦するための軍資金を貯めたい人には非常におすすめできます。
夜勤や残業はきついですが、かなり効率良く稼げます。
実際に私も、短期間で貯金を貯めて、今自分のやりたいことに挑戦しています。
年収はトヨタ車体で働いていた時に遠く及ばないですが、きつい思いをしながら得た経験が今に生きていると感じることもあります。

-求人情報

Copyright© 暮らしのメモ帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.