転職

フルキャストで【あぶない】経験をした方に体験談と評判を聞いてみた

更新日:

フルキャストでの単発仕事を検討されている方は、下記の仕事もお勧めです。

時給1,250円で軽作業、好きな日時だけ働けるので隙間時間に賢くお小遣い稼ぎをすることが可能です。

ただ、勤務地が現在かなり限られているので、遠方の方だと難しいのが難点です・・・。

 

愛知県豊田市の単発バイトに登録する場合はこちら

福岡県宮若市の単発バイトに登録する場合はこちら

 

管理人

以下より、フルキャストで働いていた方のインタビューとなります!

 

簡単な自己紹介とフルキャストで働きだしたきっかけ

広島県広島市に住む34歳の男です。現在会社員をしています。
私がフルキャストで働きだしたきっかけは当時28歳くらいの時に始めた副業目的です。
当時本業で勤めていた食品製造会社は給料が安く平日休みだった為、時間を持て余していた私はもう一つ何か仕事を持とうと思いインターネットを使って「副業」「日雇い」「短期アルバイト」というキーワードで検索し、いくつか見つけた中の一つがフルキャストでした。
ネットで調べていく中でフルキャストはこの手の業界では大手であり仕事の案件の数も多いという評判がありました。携帯電話さえあれば簡単に登録できる点もスムーズで良かったです。
何気なく登録したフルキャストですが、今考えると危ない仕事だったなと思うような仕事内容もありますが、副業としては上手く活用出来ていたと思います。本業を転職する際には「繋ぎの仕事」としても利用しました。転職活動が成功し、現在は正社員として一般企業に勤めていますが、極たまに時間が空いた時には今でもフルキャストを利用しています。

 

フルキャストで行った業務について

フルキャストには一日だけの短期の仕事と、週5日勤務のレギュラーの仕事の2種類があります。私は短期の仕事とレギュラーの仕事両方を経験しています。
短期の仕事で経験したのは、大手物流会社での商品仕分け作業。100円ショップの商品を良品と不良品に分ける作業。店舗への仕器搬入作業。工場内でのダンボール組み立て作業。沢山の雑貨を扱う商社でのトラックに積まれた商品の荷降ろし作業等です。
短期の仕事は基本的に単純作業が多く、初めて現場に入る方も作業しやすい内容です。ただ今の季節ですと熱中症等になりやすい現場もあり危ないと思いますので充分注意と対策が必要です。

長期のレギュラーの仕事は、大手自動車メーカの完成部品の梱包作業です。この仕事は大手自動車メーカーで製造された自動車の足回りパーツを梱包し、海外に輸出する仕事内容でした。自分の身体よりも大きなダンボールを組み立てて休む間もなく次々と完成パーツを梱包しなくてはならない事。パーツに指紋やキズを絶対に付けてはならないこと。パーツは長さ1メートルある為扱いにくくプラスチック製のパーツで一点一点は軽量ですが、数をこなす内に腕はパンパンになり、腰にも負担がかかります。パーツにより突起があり腕が擦り傷を負う事もありました。中々過酷で危ない面もあると思います。

もう一点経験した長期のレギュラーの仕事は、大手殺虫剤メーカーの除草剤の製造作業です。皆さんが普段スーパーや量販店で購入する液体タイプの除草剤です。
作業的にはライン作業で、液体を補充したりラベルを張ったり、完成品を梱包したりという内容です。この仕事は先程ご紹介した大手自動車メーカの仕事と違ってかなり体の負担は少ない作業で、危険な作業もなく女性の方も多く活躍している良い環境でした。
長期のレギュラー仕事を行う場合、まず現場見学を行っていただける時間があるので実際に作業風景をみたり、就業先の面談を行う責任者の方に気になる点を質問する事をオススメします。そうすれば危ない現場を回避する事が出来ると思います。私はこの点を軽くみていたので大手自動車メーカーの梱包作業では痛い目をみました。皆さんには充分に気をつけて頂きたいです。

 

フルキャストで働いて危ないと感じたこと

先程にも書いております大手自動車メーカーの作業も危ない部分はありましたが、短期の仕事で働いた仕事の中にも危ないなと感じた仕事はいくつかあります。
私が住む広島県は「広島牡蠣」が有名で牡蠣を扱う企業がいくつか存在しています。
とある真夏日に牡蠣を扱う企業で5メートル程の高さのあるタンクに砂利石を補充する作業に応募した時の話です。1袋40キロ~45キロ程あるズタ袋に入った砂利石を背中に担ぎながらはしごでタンクに昇り、1タンク10袋以上は補充していくのですが、はしごはグラグラぐらつくほど不安定でした。バランスをとるのがやっとで力を入れる為に踏ん張る事も出来ずに重い砂利石をタンク挿入口に自分の力一つで流し込むのはかなりの重労働でした。季節は真夏でしたので汗は吹き出し、思いっ切り歯を食いしばって一袋一袋タンクに砂利石を流し込んでいきました。タンクは全部で10タンクはあったと思います。全て流し込む事が出来たのですが、腕は痙攣し感覚がありませんでした。まさかここまで危ない、体力的にもきつい仕事内容だとは思っていませんでした。

 

フルキャストで働いてよかったこと

フルキャストで働いていて良かった点はいくつかあります。まず携帯さえあれば登録は簡単です。仕事の案件が多くフルキャストのWebサイト内で応募から採用まで完結出来ます。なかには危ない現場もありますが、自分が一度働いてみて良いなと思った現場は定期的に求人の募集をかけているところは多くあります。そういった現場を見つけ出すことが出来れば、長く利用する事が出来ると思います。何度か同じ現場に行くことで、そこで働く社員さんとも仲が良くなり仕事がしやすい環境になったり「うちで正社員やらないか?」など嬉しい言葉をかけてくれる現場もありました。

また高単価な案件に出くわすこともあり、店舗にショーケースを一つだけ運ぶ仕事で報酬は3000円というのもありました。実際に作業も15分程度で終わったのでかなりお得でした。こういったレアな案件も稀にあります。

 

フルキャストで働いて嫌だったこと

フルキャストでは短期の仕事と長期の仕事があります。長期の仕事は現場見学が出来ますが、短期の仕事の場合現場見学がない為、実際に現場に行ってみるまでどんな環境なのか分からないのが嫌な点です。案件には「軽作業」とかいてあったのに実際は「重労働」な現場ということも多々あります。私が特に印象に残っているのは「ジャガイモ畑でのジャガイモ収穫作業」という案件に応募し集合場所にいったら、車に乗せられ港に連れていかれました。結局行った仕事は貿易船に積まれたジャガイモが入ったコンテナの荷降ろしの補助作業でした。
和気あいあいと畑でジャガイモの収穫をイメージしていましたが、実際は船の上で船乗りの人達に「早くしろ!おい!」などと言われる怒号が飛び交う現場でした。ギャップが凄すぎました。

 

 

フルキャストの営業担当の印象

私の担当は爽やかでフレンドリーな方でした。変に壁を作らない方だったので何でも気軽に相談することができました。

 

フルキャストでどのくらい稼げた?

上記は時給1000円8時間の仕事で、即給(前払い制度)した時の画像です。即給の場合手数料がいくらか抜かれるので週5日勤務のレギュラーの仕事で14万~17万程です。
副業時代は1ヶ月2万~3万円程の収入でした。

 

フルキャストで働かなくなった理由

一番の理由としては転職活動に成功し、現在は正社員で働いている為です。
今の仕事で極まれに暇になる時期があるのですが、余力があるときにはフルキャストで過去に行った顔なじみの人がいる現場には応募しています。

 

フルキャストではどのような人たちが働いていた?

これまでに沢山のフルキャストで働く方々とコミュニケーションをとってきました。
フルキャストのみ、いわゆる派遣社員として生計を立てている人。フリーランスで働く中で収入が不安定な為、副業としてフルキャストを利用している人。転職活動の繋ぎの仕事としてフルキャストを利用している人。様々な事情を抱えている人達がいました。

 

フルキャストはどのような人におすすめ?

レギュラーの仕事として一生懸命頑張る事もありだと思います。私のように副業や転職活動をしている時の繋ぎとして利用するのもオススメします。
結局はその時の自分自身の状況によると思います。例えば長い間仕事をしていない方が、何か仕事を始める時に簡単に登録ができるフルキャストは利用しやすいですし、案件数も多い為、世の中こんな仕事もあるのかと気づかされる部分もあります。様々な仕事をこなす中で自分自身の適正も見えてくると思います。ネット上には批判的なネガティブな意見があったりしますが、使い方次第で決して無駄な経験にはならないと思います。

 

管理人

インタビューは以上となります、ありがとうございました!

 

-転職

Copyright© 暮らしのメモ帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.