レノボのThinkpadを中古で購入するなら【おすすめを紹介】

更新日:

レノボのThinkoadを中古で購入するならジャンクワールドがお勧めです。

ジャンクワールドの詳細はこちらから

また、ジャンクワールドはYahoo!ショッピング店なので5のつく日に購入すればTポイントを5倍もらうことが可能です。

お得にレノボのThinkpadを購入できるので、ぜひ活用してみるといいでしょう。

 

レノボ以外のThinkpadについて

Thinkpadには大きく分けて2種類あります。

IBMのThinkpadと、レノボのThinkpadです。

Thinkpadは、元々IBM社が1992年10月に発売したビジネス使用を想定したノートパソコンです。

現在ではThinkpadと言えばレノボのイメージが定着していますが、当時はThinkpadと言えばIBMのイメージでした。

2005年にThinkpadはレノボにブランド譲渡され、初めて今の私たちが知る「レノボのThinkpad」となったのでした。

そのため、レノボのThinkpadではなくIBMのThinkpadを購入してしまうと、恐ろしく型式の古いモデルを購入することになってしまいます。

いくら中古といっても限度はあるので、購入するのであればレノボのThinkpadがお勧めです。(というかそもそもIBMのThikpadが販売されていること自体かなりレアです 笑)

 

レノボのThinkpadの種類について

Thinkpadには、様々なシリーズモデルが存在します。

シリーズ型番には規則性があるのですが、過去に何度かその規則性に変更が加えられている点に注意してください。

2018年9月17日現時点においては、2008年3月に変更された「アルファベット1文字+3桁のアラビア数字」が最新の規則性です。(YOGAシリーズが例外)

アルファベット=シリーズ構成(携帯性に優れている、大画面、高パフォーマンス、等)

アラビア数字=ディスプレイサイズ

 

下記では、Thinkpadシリーズの特性を簡単にまとめています。

 

Thinkpad Eシリーズ
⇒エントリーモデル。スタンダードな性能で、価格もThinkpadシリーズで最も安い。持ち運ぶのがちょっとしんどく感じる重さ。

Thikpad Xシリーズ
⇒持ち運びに便利な軽量モデル。処理速度も速く、ビジネスマンが外回り用として使うことが多い。一番おすすめ。筆者が使っているのは中古のX230。

Thinkpad Lシリーズ
⇒個人的に中途半端なモデル。特筆すべき点があまりない。EシリーズとXシリーズの中間的な存在。

Thinkpad Tシリーズ
⇒ハイパフォーマンスモデル。Xシリーズよりも性能は高いが、重量が重い。これ買うならPシリーズの方がおすすめ。

Thinkpad Yogaシリーズ
タブレットとしても使用可能なマルチモード搭載モデル。ハード面で頑張った分、処理速度では他シリーズに軍配が上がる。

Thinkpad Pシリーズ
Thinkpadシリーズ最強スペック。モバイルワークステーション。HDD最大512GB、メモリーは最大16GB、インテルxeonプロセッサーを搭載。大きくて重いので、自宅作業向け。

 

レノボのThinkpadを中古で購入するべき理由

詳細は下記の記事でまとめていますが、レノボのThinkpadは拷問テストと呼ばれる試験に耐えるほどの耐久性を持っています。

【激安中古パソコン】秋葉原で僕が利用したThinkpad専門店を紹介

そのため、例え中古で買ったとしても長く使えることが多いです。

実際に僕もレノボの中古Thinkpadを今も愛用しています。

もちろん、この記事を書いているのも中古のThinkpadです。

レノボのthinkpadは企業のリース落ちで出回っていることが多いので、中古であったとしてもそこまで気にならないのもうれしいです。

流石に会社のレンタル品でエ○動画見てる人もよっぽどいないでしょうし・・・。

持ち歩くときにも、何にも気にせずポイッとリュックに放り込めるのも魅力です。

これは高い耐久テストをクリアしているレノボThinkpadだからこそ可能なことだといえるでしょう。

 

レノボのThinkpadを新品でお得に購入するなら

実は、Lenovoは公式通販サイトでお得なクーポンを配布していることがよくあります。

こちらに関しても詳細は下記記事に簡単にまとめてありますので、ぜひチェックしてみてください。

【激安中古パソコン】秋葉原で僕が利用したThinkpad専門店を紹介

 

-未分類

Copyright© まいけるぼっくす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.